いよいよ、今日25日は多くの国公立大学で2次試験が行われています。

(2日間試験をする大学や、26日、27日に行われる大学もあります)

 

よつば塾の高校3年生たちも、それぞれの目標を胸に2次試験に向かいました。

 

生徒によっては、2次試験が実技試験となることや、

小論文が課されることもあり、それぞれ取り組まなければいけないことが違っていました。

 

センター試験の後、それぞれの生徒が一生懸命取り組んできたことの集大成を、

試験会場で発揮できれば、必ず良い結果に繋がると信じています。

 

 

今年は暖冬のため、雪などによる交通の乱れは心配ありませんでしたが、

最大の懸念は「新型コロナウィルス」ですよね。

→『国公立大学2次試験始まる 受験生に新型ウイルス対策呼びかけ』(NHK NEWS WEB)

(画像はNHK NEWS WEBより)

 

生徒たちも少し不安に思っていたようですが、

「試験さえ終われば大丈夫ですよ」と、奮起してくれていました。

 

試験会場の各大学も、可能な限り様々な対策をしてくれていますので、

一旦不安を忘れて、最後まで粘り強く戦ってほしいと思います。

 

 

(長谷川)

本日から小学生eトレのイベントがスタートしました。

チェック・リチェックという単元のミニテストにあたるプリントに合格したら、トランプを引いて前の人のカードよりも数字が大きければ、ポイントが多くもらえるという、「戦争」というゲームとも似たシンプルなルールです。

 

 

イベント時は毎回、いつも以上に集中し、そして速くプリントを解きます。

やはり明確な“アメ”があると子ども達は、持っている力を最大限に引き出したり、持っている力以上のものを出します。

よく、「お金やエサで釣るのは良くない」と言われますが、時には必要で、その方が学力的にも人間的にも成長するという研究結果も出ています。

 

“アメ”ばかりや“ムチ”ばかり、どちらかに偏るといけません。

アメとムチのタイミングや、与え方がなかなか難しいところではあると思います。

1つの手としては、テスト毎です。テスト毎ごとに難易度を上げ続けると、その効果を発揮します。

 

ぐんぐん成績を伸ばす生徒の保護者の方と面談をした時に

最高額は事前に決めておき、前回結果より、10点上なら1,000円与える

ということを繰り返しているお宅もありました。

そうしたら、90点以上しか取らなくなっていたのです。

その定期的なアメを目的に頑張っているうちに、勉強のコツを掴んで、アメがなくても勉強ができるようになっていたのです。

この例からも、時にはアメを与えても良いと思います。

東大に合格した〜とかいう本に載っているわけでもない、身近で起きている事実です。

 

勉強は明確なゴールが見えづらく、果てしない闘いでもあります。

アメという休憩ポイントを有効利用しながら、学習の楽しさを伝えていくことが大切です。

ご家庭でも、上手に活用して頂ければと思います。

しかし、我が子となれば、なかなかうまくいかないこともよくわかります。

そんなときは、どうか私達にお気軽におっしゃってください。

 

(足立)

 

3月5日(木)・6日(金)に行われる公立高校入試の倍率が発表されました。

これは1回目の倍率発表ですので、この状況を見て変更ができます。

そして、来週2月28日(金)に、最終倍率発表となるわけです。

 

近辺の高校の状況は

 

長岡高校(普通)  1.32

三条高校     1.28

大手高校(普通)  1.27

向陵高校     1.27

三条東      1.10

見附       1.01

長岡商業(総ビジ) 1.15

長岡工業     1.05

長岡農業     1.20

 

といったところで、長岡高校が高いことに、少し驚きましたが、他は、例年と変わりないと言えます。

 

長岡高校は、一昨年(現高2生の受験のとき)、定員割れという状況で、それにはとても驚きました。

続いて昨年も、1.07倍と低めの倍率でした。

長岡高校は、この近辺では、学力レベルが最高の高校ですので、そう簡単ではありませんが、

ここ数年の低めの状況から、思い切って出願した人も結構含まれていると考えられます。

そういった人たちが、おそらく、大手高校などへ、志願変更してくることが予想されます。

 

今年の日程は、土・日・月とちょうど3連休ですが、その間で、よくよく考え、気持ちを調え、変更するのであれば、休み明けに届け出を出すというスケジュールになります。

よつばの塾生たちの中にも、さて、どうするか…いろいろ悩んでいる生徒もいます。

一緒に考え、後悔のない決断をしてもらえるよう、寄り添います。

(石橋)