「どんな感じ?」「いい感じ?」

今町校ではテスト前になると、この言葉がけだけで、どんな様子かみんな答えてくれます。

 

「いけるよ」

「理科が覚えらんない」

「前よりかは、いけるかなー・・・」

当然、色んな言葉が返ってきます。

 

そして生徒の様子を聞き込んで

「足りないのは、これ!」

「なんやかんや怪しいから、これ!」

と個々にやることを指示しました。

 

コロナウイルスの関係で、どこか集中しきれてない感じもありましたが、明後日にはテストのため、うまく気持ちを乗せてきている様子もうかがえます。

 

どれだけの問題と闘うか。良い意味で、どれだけ自分を疑うかで結果は変わってきます。

方法はいくらでも教えます。

正しい努力をして、テストを向かえましょう。

そして、来週からは中中・栄中の番ですよ!

 

(足立)

見中生にとって、テスト前ラストの土日になりました。

今日、明日は、塾でも朝から、見中生のテスト対策を実施。

 

まずは、恒例の「よつばdeワーク」です。

▲たくさんの生徒が活用してくれています。席は1人ずつで離して。

 

学校ワークや白プリなどの、学校で配られているものは、テスト対策に非常に有効です。

これらの中から、類似問題、場合によっては、同じ問題がぽん!と出されることもあります。

よくよく問題をやりこんでおけば、テスト中に、「あ!これ、ワークにあった!ラッキー♪」と、余裕を持って対応できるはず。

 

また、テスト範囲表には、たいていの教科で、「ワークはテスト当日に提出」とされています。

提出物は、成績にはっきり反映されます。

テストで高得点が取れたとしても、提出物がいいかげんだと、通知表で「5」は、もらえないことがほとんどです。

 

このような2つの面で、学校ワークや白プリには、しっかり取り組んでおく必要があるわけです。

 

中1生は、上記のような話をすると、「なるほど!そういうものなのか〜」と素直に聞いてくれて、がんばってくれるのですが、いかんせん、初めてなので、自分のペースなどがまだつかめておらず、予定通り進まなかったり、自分がどれくらいやったら身に着くのかの手応えがないので、まだ大まかだったり、そういう意味で、あぶなっかしさがあります。

しかし、これも、みんなが通る道。

今から、きちんとしたやり方で、1つ1つがんばっていけば、いずれ、スムーズに取り組めるようになります。

 

中2、3生は、さすがの見通しの良さ。

ある程度、ワークを終わらせたうえで、わからないところを絞り、きちんと質問をするために「よつばdeワーク」に参加する、要領の良さも持ち合わせています。

 

でも、慣れ過ぎて?「ワーク、もう終わってるから、学校に置いてきた」なんて声も。

いやいや、テスト最終の土日に、ワークを置いてくるなんて、言語道断!

終わってたとしても、間違った問題をもう一度解いてみるなど、いくらでも、テスト前にやりたいことはあるでしょ!

はい、取りに行って来てください!

と、先ほども声を掛けたばかりです。

 

ほんと、テスト前は、いろいろあるなあ…

(石橋)

 

 

 

今週、各高校は分散授業を行っており、

1日おき、午前・午後どちから半日だけ、など、1週間のうち半分程度の登校でした。

 

いよいよ来週6月1日(月)からは、毎日登校で1日授業となります。

通学に電車・バスを使い、授業を受けに行く高校生からは

「1日授業、疲れる!」「毎日学校に行くの、しんどいなぁ」との声が。

休校が続いた自宅中心の生活から、まだ抜け出せない様子です。

でも大丈夫!きっとすぐに慣れるよ!と励ましました。

 

さて、学校再開に先立ち、期末考査の予定が発表され始めました。

5月28日現在でわかっているところでは、

 三条東  7/3〜8

 三条・大手・向陵 7/9〜14

 巻 7/16〜21

となっています。例年より1〜2週間、遅い日程です。

 

約2ヶ月の休校で、中間考査は実施されない高校がほとんどでした。

つまり、1学期の成績は、ほぼ期末考査だけで決まるわけです。

生徒から話を聞くと、休校課題として出された単元は、予習内容であっても、ほとんど授業では取り上げられず、先の単元に進んでいるようです。

だから、ここまでの間、自分でいかに納得・理解し、それを練習できたかどうかが、

期末考査の結果につながります。

その点、塾生のみんなは、予習内容も疑問点も、塾で質問・練習してきたから、大丈夫!

テストに向けて、さらにやりこんでいきましょう。

 

(桜井)

 


まだ5月にも関わらず、気温が高くなってきましたね。

皆さんの身体は気温の変化に適応できていますか。

 

勉強に集中するためには、やや寒いくらいの方が適しているそうです。
あまり暑さを我慢しない方が良さそうですね。
部屋を冷やしすぎて風邪を引いては元も子もないですが。
しかし実は、最も私たちの集中力に影響を与えるものは湿度なんです。
高くなればなるほど、悪い環境になります。
雨がちな日が続いているので、気温とともに湿度も気にしてみると良いですよ。
さて、いよいよテストが目前という学校が出てきましたね。
出来れば部屋の気温・湿度も気にしつつ、よつばの先生たちのアドバイス通りに学習してみてください。
そして少しでも分からないところがあれば、テスト前に聞きに来てくださいね。
当然、質問をするためにはある程度自分で勉強しないとできませんね。
もし全然分からない・出来ない内容であっても、ただワークを埋めるのではなく、せめて自分の分からないところがどこなのか分かるようにする、ということを意識して取りくんでください。
そうすれば、塾を最大限に活用できるようになりますよ。
分からないところが分からないという相談も、もちろん受け付けますけどね。
(飯浜)